著者
高見広春

Koushun Takami
 西暦1997年、東洋の全体主義国家、大東亜共和国。
 この国では毎年、全国の中学三年生を対象に任意の50クラスを選び、国防上必要な戦闘シミュレーションと称する殺人ゲーム、”プログラム”を行っていた。
 ゲームはクラスごとに実施、生徒達は与えられた武器で互いに殺しあい、最後に残った一人だけは家に帰ることができる。

 香川県城岩町立城岩中学校3年B組の七原秋也ら生徒42人は、夜のうちに修学旅行のバスごと政府に拉致され、高松市沖の小さな島に連行された。
 催眠ガスによるよる眠りから覚めた秋也たちに、坂持金発と名乗る政府の役人が、”プログラム”の開始を告げる。

 ゲームの中に投げ込まれた少年、少女たちは、さまざまに行動する。
 殺す者、殺せない者、自殺をはかる者、狂う者。仲間をつくる者、孤独になる者。信じる事ができない者、なお信じようとする者。愛する気持ちと不信の交錯、そして流血・・・・・・・・・。

ギリギリの状況における少年、少女たちの絶望的な青春を描いた問答無用、凶悪無比のデッドアンドポップなデス・ゲーム小説!













ご案内〜site map

since 1999/11/14

reboot 2011/08/04
total 002467 today 001 yesterday 002


当ホームページ全体に掲載している引用文は、私個人の趣味として使用しています。
営利目的や著作権・肖像権を侵害することが目的ではありません。
問題がございましたら直ちに削除しますので、メールにてご連絡下さいますようお願いいたします。

このホームページは、
Internet Explorer5.0以上を推奨しています。Netscapeでは正しく表示されませんのでご了承下さい。また、Internet Explorer4.5では不具合があるかもしれません。ごめんなさい。
尚、フォントサイズは中に合わせてあります。

注意
 ネタバレ的内容のコンテンツが掲載されております。バトルロワイアルを読み、ここに来ている方が最低一回は内容を読まれていることと仮定した上で内容を作成しております。未読のかたは、一読後に先へ進むようにして下さい。
 HP内に掲載されている転記したすべての引用文、およびその他のデータの著作権は、著者および出版社およびその関係者に属しております。また、 無断での他ページ、雑誌等への転載・複製・配布は厳禁です。
 このページはリンクフリーです。
相互リンクは行っていません。今後もするつもりありませんのであしからず。
  
リンクのアドレスはこちらで。
http://www30.atpages.jp/inclouds/
バナー使ってくださいまし。